本来の営業活動を行うために活用すべき営業支援

外部のプロに依頼して対策を提案してもらう営業支援

経営者の方や営業職の方なら、営業支援という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。
営業支援とは、会社の悩みや営業部門における問題などを解決するために様々な対策を講じることです。
例えば、営業担当の業務の効率化や営業方法自体の見直し、システムの導入など、その方法は多岐にわたり、その会社にとって何が必要なのかを見極めることがとても重要になります。
そのため、外部のプロに依頼して対策を提案してもらうことはとても有効といえます。
私が営業職として勤務する不動産会社でも導入に至ったのですが、その経緯と改善された点などをお伝えします。
まず、導入に至った経緯ですが、当時、営業部門における問題や不満が頻繁に持ち上がっており、会議で経営者に相談してもなかなか改善方法が見つからないような状況でした。
具体的には、営業事務担当者と連携しても、営業をかけるのに有効な見込み客のリストに漏れがあったり、既存の顧客の情報をスムーズに準備できなかったりするため、営業活動の準備に手間と時間がかかるという点が問題となっていました。
それに関連して、もっと有効な営業手段があるのではないかという意見も挙がっている状況でした。
また、契約の流れについても、様々な部門を通した決済が必要で、せっかく成約にこぎつけた顧客からキャンセルが入ってしまうといった問題が起こっており、社内業務の整理が課題となっていました。

外部のプロに依頼して対策を提案してもらう営業支援 | まずは営業支援システムを導入し効果を実感 | 適切な営業支援を導入することは会社の利益の向上に繋がる